暴風警報時における登校のしかた    (生徒手帳P21より抜粋)
   
1.

名古屋地方気象台から愛知県全域または西部、尾張西部に
暴風警報が発令されたときの登校

 
(1) 始業時刻2時間前(午前6時40分)までに警報が解除
された場合は、平常通り登校する。
 
(2) 始業時刻2時間前から午前11時までに警報が解除された場合は、解除後直ちに登校する。授業は警報解除の2時間後に開始する。
(3) 午前11時を過ぎて警報が解除されるか、または引き続き解除されない場合には、当日の授業を中止するので、登校しなくてもよい。
(解除されないときは、登校してはいけない。)
(4) 登校の途中で警報が発令されたことを知ったときは、すみやかに帰宅する。
(5) 休業日・祝祭日・長期休業期間中に警報が発令された時は、登校してはいけない。
(6) 尾張東部に発令されているとき、尾張東部に現住所のある生徒は、上記に準じて判断する。


※この規定は、台風等の接近による「暴風警報」発令時に適用し、大雨警報や、各種
  注意報の発令時には、原則として平常通り授業を実施する。

※警報等の発令時は、学校への問い合わせの電話をしない。
  (緊急用連絡体制の確保のため)